生活が変わるとき

レッスン

居所が変わるときの手続き

引越しが決まると、普段とは違う手続きがありますので、予めチェックリストなどで何をするかまとめておくほうが良いでしょう。引っ越し業者のホームページなどに掲載されていますから内容や形式を見て自分に合ったものを利用しましょう。おおむね記載してあることは、時間でとらえると引越し前後の手続き、相手先でとらえると教育機関を含む行政や近所、町内会などの自治関係に分類できます。一般的な手続きは、1ヵ月以上前には住宅などの賃貸契約の解約やそれに関する契約書の確認、転校届の下準備も必要です。引越しの数週間前には、電話、電気などの公共料金の手続きでしょう。引っ越し業者に接触することもこの時期です。1週間前には、転出届や国民健康保険などの行政関係な手続きが必要です。数日前にはチェックリストに基づいて作業の段取りをしましょう。転入届をはじめとした国民年金と健康保険などの行政手続きが必要です。子供の転入届も必要になります。公共料金の手続きも同様です。気を付けたいのは、今日の生活に必須なインターネットに係る環境に関する手続きを忘れないことです。どのチェックリストを見ても、インターネット環境に関しては必ず記載されています。これらとは別に、近所への挨拶や町内会との関係に関する手続きなども必要な場合があります。このように引越し前後に行うべきことは多くあり、いずれも重要なものです。行う手続きは多岐に渡ります。忘れないように、チェックリストを確認し順次終えましょう。

Copyright© 2019 スムーズに準備をするためにはどうすべきか考えよう All Rights Reserved.